「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:マヤ先住民( 7 )

沈黙を破って

今までなかなか伝えられなくて、
後回しにしてきたとても大切なことを
今日マヤ暦のOxib' B'ats'の
日に勇気をだして書きました。
私にとっては、震えるほど
怖くて避けたかったことです。

どうぞ、読んでいただけたら
嬉しいです。

今年グアテ マラ滞在中に、女性の権利をサポートする団体
UNAMG(グアテマラ女性連合)を訪問しました。

今回グアテマラの旅を案内させてもらったMちゃ んのリクエストだった。
最初性暴力 被害にあった女性達に会いたいというリクエストを受けた時に
ドキっとし た。
なぜドキッ としたのかは、簡単に説明できないので
ちょっとずつ全体の話の中でわかって いただけたらと思います。

その団体事 務所で聞いた話とそれまでに聞いていたこととを要約して
お伝えしま す。

1960年 から1996年までの36年間内戦がありました。
土地問題改革をしようとする勢力が反 政府ゲリラとなり
政府軍はゲリラを支援しているマヤ先 住民の村ごと失くしていく
虐殺が行わ れました。

20万人以 上が殺され、行方不明になり、440以上の村が
なくなりま した。

村には軍の 駐屯地が作られ、夫が行方不明の女性や12~14歳の未婚の
女性が集め られ、強制的に洗濯、食事作りをさせられました。
そして、性 奴隷にされていました。

グアテマラ では、先住民というだけで社会から排除された立場に置かれて
いますが、 女性はさらに、厳しく、そして、心の傷をもったまま沈黙して
苦しんでき ていました。

そういう女 性達をUNMGとメンタルヘルスの立場から女性達をサポートするECAP
(社会心理 行動と共同体グループ)が協力してサポートしてきました。

2000年に日本で行われた女性国際 戦犯法廷を傍聴したことで
エネルギー をもらいそこから、女性達が少しづつ自身の尊厳や
傷を癒すこ とを得て、内戦の責任をとう刑事裁判の証言まで
できる勇気 をもつことができました。


グアテマラ では内戦の責任をだれもとっておらず、
現在当時の 軍の責任者のジェノサイド裁判が進行中です。
裁判の中で 性暴力について、被害にあった女性が
10人証言しました。
ずっと傷を 隠し続けた彼女達が公の場で
証言すると いうことがどれだけの勇気がいることか
想像できる でしょうか?

証言するこ とをだれにも知られないように
今でも知ら れたら、いのちが危ないのです。
水面下で動 き、彼女達の安全を考慮しながら
すべてやっ ているのです。

2013年 5月には、裁判に勝利しました。
彼女達の証 言が勝利に導いたのだと思います。


b0117548_23323785.jpg


ですが、大 統領や軍関係者、財界から、強い圧力があり
その判決が 無効になりました。

現在の結果は、このようですが、裁判 に導き
司法の中 で、勝利し、世界中に
そのことが 知られたということは
大きな成果 だと思います。
(私は判決 が有罪と知ったとき、日本にいましたが、
とびあがる ほど喜びました)


もうひと つ、付け加えておきたいことで言われたことは
今も内戦状 態と変わらないということです。
現在は鉱山 開発や水力発電などのために
土地をと剥奪され、政府の保証はなく
反対すれば反勢力ゲリラ扱いにされ る。
土地をとり あげたうえ、性暴力被害も
あとをたた ない。
和平合意後18年たっても同じような 弾圧が
繰り返され ている。

私が今まで聞いたこと、読んだことな どをまとめているので
すべてが団体の方が語ったことではあ りません。

次は私の魂の記憶へと続く
b0117548_23312492.jpg
[PR]
by mamagrande | 2014-07-15 23:23 | マヤ先住民 | Trackback | Comments(0)
       
 2014年2月13日(木)~2月23日(日)11日間
                  (グアテマラ滞在8泊)
 マヤの森、遺跡、マヤナッツの生産者、マヤ先住民の村々を訪ねるスペシャルプログラムです。
マヤ先住民族の村アティトラン湖周辺を訪ねます。マヤの太陽のような色合いの織物はそれぞれ
の村によって違います。サンタ・カタリーナパロポ村、サン・マルコス村、サンファン村、サンティア
ゴ・アティトラン村Tzutujil 族最大の村、チチカステナンゴ村などを訪ねます。
今回のスペシャルは青い空の会で里親支援をしている子供達に会いにいきます。
 
グアテマラ北部のペテン地方では、日本で広がりつつあるマヤナッツの生産者との交流やマヤ文
明最大の遺跡ティカル、ヤシャ遺跡を訪ね、森、湖、夕日、動物達との出会いがあります。
グアテマラのすばらしさをみなさんと共に体験できるのを楽しみにしています。
マヤキチェ族のタタ・ぺドロ氏、ナン・ファビアナ(マヤ聖職者)女史が率いるグループによる
マヤの儀式に参加します。
b0117548_19123078.jpg

1日目
2月1 3(木)
日本 成田発ー米国ロス経由地着 トランジット ロス発
2日目
2月1 4日
(金)
グアテマラ着 空港集合、専用車で移動、朝食,
パナハッチェルへ。ボンベーロの古布市、昼食後、アティトラン
湖周辺の先住民の村サンタカタリーナパロポへ、
パナハッチェル

3/日目
2月1 5日
(土)
朝食後ボートで湖畔のマヤ先住民の村をめぐります。サンティア
ゴ・アティトラン村へ(Tzutujil 族最大の村)サンファン・ラ・ラグナ
村フェアトレードの盛んな村。サン・マルコス村、サンタ・クルス村
 ホテルはアティトラン湖沿い景色が抜群
サンタクルス
デ・ラ・ラグーナ
村泊  
4日目
2月1 6日
(日)
朝食後ボートで移動 チチカステナンゴ村へ車で移動
マヤ先住民(キチェ族)最大の市の日、野菜、生活品、民芸品な
どあふれる市が立ちます。買い物、写真撮影に時間を忘れて
しまうことでしょう。パナハッチェルへ車で移動。天然温泉、サウ
ナ付きホテル
パナハッチェル

5日目
2月1 7日
(月)
朝食後パナハッチェルを散策後、ソロラへ 日本人が里親に
なっている子供達の学校を訪ねる。車でアンティグアへ移動。
アンティグア泊
6日目
2月1 8日
(火)
早朝グアテマラシティへ車で移動、飛行機でフローレスへ移動 
ヤシャ遺跡へ。 あまり観光地化されていないとても気持ちいい
森の中を歩きます。 滞在は森とペテンイッツア湖畔の夕焼けの
美しい村です。    
エル・レマテ村

7日目
2月19日
(水)
早朝マヤ最大の遺跡ティカルへ 
熱帯雨林の動物や鳥に会えるかも。ホテル帰宅後、自由行動。
散策、水浴、カヌーなど湖で遊べます。
エル・レマテ村
泊 
8日目
2月2 0日
マヤナッツの生産者イシュル村を訪ねます。生産者と交流。
マヤナッツの森へ 。夕方フローレスより飛行機でグアテマラシ
アンティグア泊
(木) ティへ。空港より車でアンティグアへ   
9日目
2月2 1日
(金)
 聖なるマヤセレモニーに参加します。
夜は古都のアンティグアで夕食。シェアリング。
アンティグア泊
10日目
2月2 2日
(土)
 帰国される方は早朝グアテマラ空港へお見送りします。 
グアテマラ発-米合衆国経由地着 
  トランジット
米合衆国ロス経由地発         
11日目
2月2 3日
(日)
↓成田着
b0117548_19173858.jpg

b0117548_1923784.jpg

●プログラム代金 18万円 +グアテマラまでの飛行機代(1 2万位+燃油料、空港税、約1 6
万位)
(プログラム代金には、グアテマラ国内での宿泊、食事、移動、通訳、ガイド、ドライバー、現地での
飛行機代を含みます)チップ、飲み物代、米国でのトランジットの際にかかる料金は含まれており
ません。ツインルームかトリプルの場合もあります。一人部屋の場合1万5千円追加。(男性一人の
場合も)リピーター、学生割引、お友達お誘い割引きあり。
●最高催行人数:8人
●申し込み方法:グアテマヤまで.
 氏名、ローマ字(パスポート表記)、生年月日、住所、電話番号、携帯、メールアドレ
ス、パスポート番号&発行日、有効期限、食事の希望あれば。渡航中の連絡先の氏名、電
話番号、メールアドレスをお書きの上、FAXかメールにて参加申し込みを送ってください。
最終締切12月20日まで
●往復の航空チケット及び経由地のホテルの手配は(株)マイチケットにお願いします。
 航空券についてはご相談ください。TEL06-6304-7800
担当者:岡野さん
★このプログラムは、個人旅行としての参加になります。現地集合、現地解散です。
現地では大田が同行、ガイド、通訳が適宜つきます。
☆プログラム内容や日程は、予告なく現地の事情や天候などの影響いかんに関わらず、急に変更することがありますので予めご了承ください。
☆ 参加者は旅行社 のすすめる 海外旅行保険に必ずお入りください。
☆お申込み前にはパスポートの有効期限を確認してください。
☆米国に入国する際の簡易ビザESTAの申請をお願いします。
☆旅行出発前に誓約書をお出しください。
 
[PR]
by mamagrande | 2013-11-01 19:10 | マヤ先住民 | Trackback | Comments(0)
 今日はマヤの大地では新しい時代の幕開け。おじいさん太陽に向かって今までもこれからも私達を照らしてくれ、温めてくれ、作物を育ててくれる太陽に感謝する。太陽があることのありがたさを感じる。そして、火があることに感謝。この大地に感謝。
b0117548_4462399.jpg

昨日のセレモニーでおいてきた、心配や恐れ、恐怖。すべての地球上の私達人間から恐怖、恐れなどのネガティブなものをなくしたら、これからの時代は素晴らしいものになる。
今日から太陽が昇り私達を照らしだしてくれた太陽。新しい夜明け。マヤの暦の新たな400年が始まる。
素晴らしい体験したことのないセレモに-が
終わって、サークルの大地にお礼を言いに行ったら、大地にふれたとたん、号泣してしまった。
マヤの大地とコネクトした瞬間。
また懐かしいものに出会った感じ。懐かしいものって、なんなのかわからないけど、感覚として、魂が知っている。
この時代に生きていられることに心から感謝。

b0117548_4382488.jpg

b0117548_4323656.jpg

[PR]
by mamagrande | 2012-12-22 04:22 | マヤ先住民 | Trackback | Comments(0)

マヤツアー

みなさま、お待たせいたしました。
マヤツアーの詳細が決まりました。
~~~2012年12月18日(火)~12月28日(金)~~~~ 11日間

 今年2012年12月、マヤ暦では5000年の周期がおわって新たな5000年が始まるそうです。
その記念すべき年を迎えるマヤのセレモニーが12月21日に行われます。今年6月末から7月に日本にお迎えしたタタ・ペドロさん&ナン・フャビアナさん達先住民グループが執り行う儀式に参加するというスペシャル中のスペシャルな旅です。マヤ先住民の村々、マヤの森、マヤ遺跡、マヤナッツの生産者を訪ねるスペシャルツアーです。

マヤ先住民の村アティトラン湖周辺を訪ねます。村でマヤ織りのすばらしさを感じられることでしょう。マヤ先住民(キチェ族)最大の市、チチカステンゴでは、タイムスリップしたかのように感じられるかも。
グアテマラ北部のペテン地方では、マヤナッツの生産者との交流やマヤ文明最大のティカル遺跡、森、湖、夕日、動物達との出会いがあります。
グアテマラのすばらしさをみなさんにご案内できるのを楽しみにしています。マヤの森と大地と人のエネルギーを感じて2013年から私達のあらたな生き方に変えていけるようなそんな旅にしていきたいと思っています。


1日目
12月18日(火)
日本 成田18:50発ー米国ロサンゼルス11:50着 
トランジット ロスでは自由行動

2日目
12月19日(水)
米国ロサンゼルス発0:45ーグアテマラシティ7:21着
空港より専用車で移動、朝食,パナハッチェルへ。アティトラン湖周辺の先住民の村サンタ・カタリーナパロポ村へ。泊りはパナハチェル、天然温泉、サウナあり。旅の疲れを癒しましょう。
パナハッチェル泊

3日目
12月20日(木)
チチカステナンゴ村へ車で移動、マヤ先住民(キチェ族)最大の市の日、野菜、生活品、民芸品などあふれる市が立ちます。買い物、写真撮影に時間を忘れてしまうことでしょう。
パナハッチェル/サンタクルス泊  

4日目
12月21日(金)
ボンベーロの古布市、      
 時間調整中、マヤセレモニー会場へ、
セレモニー準備見学、セレモニー
アンティグア泊

5日目
12月22日(土)
時間調整中、
古布市、アンティグアの街を散策
アンティグア泊
6日目
12月23日(日)
早朝グアテマラシティへ車で移動、飛行機でフローレスへ移動 
ヤシャ遺跡へ あまり観光地化されていないとても気持ちいい森の中を歩きます。滞在は森とペテンイッツア湖畔の夕焼けの美しい村です。
エル・レマテ村泊
7日目
12月24日(月)
早朝マヤ最大の遺跡ティカルへ 
熱帯雨林の動物や鳥に会えるかも。           
ホテル帰宅後、水浴、カヌーなど湖で遊べます。
エル・レマテ村泊 
8日目
12月25日(火)
マヤナッツの森へ マヤナッツの生産者イシュル村を訪ねます。
生産者と交流。                    
 夕方フローレスより飛行機でグアテマラシティへ
空港より車でアンティグアへ   
アンティグア泊
9日目
12月26日(水)
 アンティグアー古都で石畳の街を歩くだけで楽しいところ。
古い教会は遺跡のよう。市場など散策。自由行動。オプションでカカオ博物館でのチョコレート見学もあります。
アンティグア泊
10日目
12月27日(木)
 グアテマラ空港へ空港で解散 
グアテマラ発8:20-米ロサンゼルス11:30経由地着 
  
米ロサンゼルス経由地発14:15         

11日目12月28日(金)

↓成田着19:05

●ツアー代金 18万円 +グアテマラまでの飛行機代(約16万位、燃油料、空港税含む)
(ツアー代金には、グアテマラ国内でのすべての宿泊、食事、移動、通訳、ガイド、ドライバー、現地での飛行機代を含みます)一人部屋の場合1万5千円追加。
米国でのトランジット時の代金その他は含まれておりません。リピーター、お友達お誘い割引あり。
●最高催行人数:8人
[PR]
by mamagrande | 2012-09-27 17:35 | マヤ先住民 | Trackback | Comments(0)
深緑のきれいな季節になりました。
みなさまはいかがお過ごしでしょうか?

地球規模で経済、環境の危機がきているのにもかかわらず
なかなか変換していけない状況があります。
私達日本から変わっていくためにも
下記に書いたグアテマラのマヤ祈祷師タタ・ペドロ&ナン・ファビアナ夫妻を
日本によんで富士山をはじめ、他の地域でのマヤの儀式やマヤカレンダー、マヤの宇宙感を
お話いただき、ひとりひとりの意識の変換に役立てていただけたらと思っています。

==============================
この度、グアテマラ、マヤの祈祷師タタ・ペドロ氏&ナン・ファビアナ夫妻を
日本に招聘するように使命を授かりました。

タタ・ペドロ氏とナン・ファビアナさんとの出会いは
7年ほど前のグアテマラ滞在の時でした。
彼の儀式を受けて、私の魂がマヤとつながっているというとても深い体験を
しました。


それ以来毎回グアテマラに行く度に彼らを訪れたり
マヤの儀式に参加させていただいています。

儀式は通常、彼らの家の裏庭でやっています。
新年の儀式や特別な日には
たくさんの祈祷師とたくさんの先住民とともに
広い聖なる場所で大きな場所に移して行っています。
そのような特別な儀式では
幾人かの祈祷師の中でも彼ら二人がリーダーシップをとっています。
それは、とても調和のある平和で厳かでスピリチュアルにあふれた
儀式でした。
私はそれに参加して感動したのを今でも覚えています。

b0117548_10382188.jpg


マヤの儀式は聖なる火を使います。
サークルの中にコパルという団子状のお香や松葉を
敷き詰めます。それに火をいれて祈りがはじまります。

祈りと祈りの間にはマリンバ(木琴)の音楽が演奏され
火が燃えている中参加者もサークルに小枝をいれて
祈りをしていきます。
b0117548_11432545.jpg

火が消えるまでそれは続きます。

マヤでは火、太陽、水、大地、山など自然との
つながりをとても大事にしています。
b0117548_1144111.jpg


彼らは、今この地球上の危機の中で私達が
自然とのつながりをもっと深めていくようにと
伝えてくれます。

彼らは必要と思うところへなら、
どのような場であっても出かけて行き、
祈りの儀式をしています。


日本の富士山への祈りを
行うことを以前から望んでいました。



私はそのことを、それほど大事なことと受けとめずに
きてしまいました。今年2012年2月のグアテマラ滞在中に、
彼らを日本へよぶという
私にとっては大きな使命をうけました。



===彼らから伝えられたこと==
 
 富士山へ祈りをすることの意味は?
私達の使命のひとつは母なる大地に捧げものをするということです。
世界にはいろんな場所にパワースポットがありますがそのうちのひとつが
富士山。富士山は今、祈りを必要としています。富士山に私達のマヤの儀式を通して
滋養与えなければならない。富士山は聖なる場所であり、大地とつながることが
できる。私達にとっては東のポイントである。すでに北と南には祈りを捧げてきました。
今回は東のポイントである富士山で儀式を行うことは
これはすべてとても深い意味のあることです。



===マヤから世界に発信していること====

人間がもっとシンプルになること。
母なる自然からもっと学び、
いつも母なる自然とつながっていること。
そうすれば、学ぶことができるし
苦しみは減るでしょう。

私達が必要としているのは、母なる大地に対して
尊重し、感謝し、返していき、学び直すこと。

恐怖の文化を終わらせ、愛と調和、幸せをもって
流れていく必要がある。


~~~日本のみなさんへのメッセージ~~~~

母なる大地は語りかけている。
メッセージの与え方はあらゆる方法があり、
時にはわかりにくいこともあります。

私達に伝えていることは
母なる大地が私達の母であることを
いつも思い出してほしい。
私達は母なる大地を大事にし、守っていくこと。

特にやらなければならないことは、
いいエネルギーでいっぱいにしていくこと。

母なる大地は私達の先生である。
惜しみなく教えてくれるし、
わからなければ、何度でも教えてくれる。

私達はマヤの先祖から受け継いできた遺産、教えを通して
母なる大地に尊重と感謝を現し、返していくというやり方を
しています。
この機会に、このマヤ儀式に
心をひらいているすばらしい日本の方がたと分かち合いたい。


    タタ・ペドロ&ナノ・ファビアナ
================================

現在のところ、来日予定は6月末~7月初旬の12日間ほどで
考えています。詳細はまだ、決まっていませんが、現在
計画している概略を下に記します。


どうぞ、みなさまのご協力をお願いいたします。


         大田 美保

==================================
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^ 
   
期間:2012年6月28日~7月9日


予定:6月28日(木)来日
   6月29日(金)調整日
   6月30日(土)富士山周辺で講演
   7月 1日(日)富士山周辺でマヤの聖なる儀式
   7月 2日~8日未定 
   7月 9日帰国

予算:お二人の渡航費、米と日本の滞在費、移動費、通訳費、広報費など
   おおよそ80万ほどの諸経費を見積もり、寄付で募ることにしました。


募金:賛同していただける方は一口3000円からお願いします。ご寄附や協賛をいただいた方は
賛同人としてお名前をチラシに掲載します。
4口以上ご寄附いただけた方には、チラシ他の広報にお名前のサイズを大きく掲載させていただきます。
10口の以上の方には肩書き/お店などの広告としてもお使いいただけるように
致します。サイズに関しましては、こちらにお任せいただけますようご了承くださいませ。


振込先
●ゆうちょ銀行からのお振込み頂く場合
 郵便振替口座:10020-61304451
 大田 美保

ゆうちょ銀行に口座をお持ちの方は
ATMで口座間電信振り替えを
ご利用頂くと振り替え手数料がかかりません。

●他の金融機関からお振込み頂く場合
ゆうちょ銀行 008(ゼロゼロハチ)店
 口座番号 6130445
      大田美保


~プロフィール~
b0117548_10405037.jpg
タタ・ペドロ・セレスティーノ・ヤック・ノッフ 
 Tat PEDRO CELESTINO YAC NOJ
1962年グアテマラ、キチェ族の生まれ 奨学金を受けサンカルロス大学を卒業後、
教師としてマヤ先住民の識字率向上のために働く。その傍ら祈祷師としての役割り
を担う中でキチェ族だけでなく、その他のマヤ先住民族と連帯していき、リーダー的
存在に。先祖から受け継いだマヤの文化を継承していく使命を与えられている。
グアテマラ国内のみならず、海外においても、マヤの聖なる儀式、マヤカレンダー、
マヤ宇宙感についての講演などを行い、カナダ、アメリカ合衆国、イタリア、メキシコ、
アルゼンチンなどへ招待されている。
マヤの祈りの儀式を日々行いマヤの智恵とメッセージを精力的に人々に伝えている。



ナン・マリア・ファビアナ・コチョイ・アルバ 
Nan Maria Faviana Cochoy Alva 
1960年グアテマラ、キチェ族の生まれ
マヤ先住民のための学校の教師となる。その後、教師の職を辞して、タタ・ペドロ氏と共にマヤ先住民の智恵を女性的視点から伝えることを精力的に活動している。

*タタTatとナンNanは深い意味での先生という意味。
b0117548_10413861.jpg
主催:マヤの祈祷師タタ・ペドロ夫妻日本招聘実行委員会(仮)
共催:グアテマヤ
連絡先:miho@mayanuts.jp 0555-25-3275(大田)
[PR]
by mamagrande | 2012-04-17 10:54 | マヤ先住民 | Trackback | Comments(1)
ここサンクリストバル・デ・ラスカサスに1年ぶりに来た。
それくらいの月日が経ってるとなんとなくだが
変化を感じる。(逆に毎日いると変化を感じにくいもの)
先住民女性の服装がだんだん現代風におしゃれになってる気がする。
チャムラー村という近くの村の女性の衣装は青色のブラウスに
スカートが毛織物の分厚い布を腰でベルトをまいてはいている。
髪型が三つ編みの中にリボンを巻き込んでとてもかわいい。
最近では上のブラウスをぴっちとしたTシャツをきて
下は分厚い毛織のスカート。
あのスカートは重そうで、ちくちくするだろうし
私ははきたいと思わないが
彼女達が着てると現代風でかっこいいのだ。
b0117548_744289.jpgb0117548_7542879.jpg
[PR]
by mamagrande | 2011-03-05 07:31 | マヤ先住民 | Trackback | Comments(0)
6月にグアテマラでは火山の噴火やハリケーンによって
被害にあわれた方がたくさんいて
急遽その支援しているグアテマラに住む日本人の方がいます。
まだあったことないけど、
友達の友達のみほちゃんです。

http://blog.livedoor.jp/ayudaaguate/

時間はたっていますが、
とても細かくいきわたっていないところに
支援をしてくれているようです。
まだ、支援金間に合います。

どうぞ、よろしくお願いします。
[PR]
by mamagrande | 2010-07-07 13:13 | マヤ先住民 | Trackback | Comments(0)

日々の気づきを綴っています。みなさまと一緒に魂の成長、意識の拡大をしていけたらと思います。


by mayalovejoy