「ほっ」と。キャンペーン

ご近所さんとの会話から

ご近所さんに
ご挨拶にいって、
会話したことで
驚きました。


5,6年前に町が分離するような
ことがあって、その時のことを
まだ、わだかまりがあるようなので
(その時はその方に脅されるようなこともあり
一時距離を置きました)

もう過去のことですよ。
もう水に流しましょうよ。と私の口から
出ていました。(それも驚きましたが)

その方がぽろぽろ口にされることは
今までそれ程親しく話してたわけではないのに
本音を言われるのです。


私は別な切り口で
町やみんなのために
活かせることを提案してみました。

無理そうでしたが
そうなったらいいな。と思いました。


もう町の中で分離したり
敵対したり、信じられないようなことが
起こったことも、今では、ひとつになっていくために
必要なことだったのかなと思います。


町に思い入れが特にあるわけでもないですが
小ささが気に入っています。


私は中庸に徹していたいと思います。


私はこの町に住んで何か役に立ててるのでしょうか?

みんながひとつになっていけることに
貢献できるといいなと思います。



昨日ちらっと読んだ何かに
世界の幸せ度数の1位がフィージーで
何が幸せの決めてになるのか?は
『家族』フィージーの家族の単位は
親戚縁者を超えた地域を『家族』と考えるんだそうです。


そして、その『家族』で冠婚葬祭や誕生日を祝う、助け合うなど
誰かのために自分が役に立つということが
人は幸せに感じることが大きいのだそうです。


人に迷惑かけたくないや煩わしいからなど
人との関係をあまり煩雑にしないように
してきたところがあるのですが

今回留守にした時、ご近所さんに(前半の話しと別な方です)
猫の餌やりをお願いしました。
何かをお願いするのは、初めてでした。

喜んでしてくださいました。


お願いすることも
悪くないのだと
今回感じたのでした。








[PR]
トラックバックURL : http://mayanut.exblog.jp/tb/26544081
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by mamagrande | 2017-01-09 22:33 | 日記 | Trackback | Comments(0)

日々の気づきを綴っています。みなさまと一緒に魂の成長、意識の拡大をしていけたらと思います。


by mayalovejoy