「ほっ」と。キャンペーン

中途半端な助けは余計なこと

先日頼まれてもいないのに
確かめもしないのに
隣のお店の方がずっといないので
お客さんに値段をみて
販売してしまいました。

そしたら、間違った値段で売ってしまい
とても申し訳ないことをしてしまいました。

確かめてからの方がいいかな?と
思いつつも売ってしまったのは
一体なんなのでしょう?

相手にとっては売らない方がよかったわけで。。。

私はなぜそうしてしまったのか?
お客さんが買いたそうだったから
助けになりたかった。
隣の方の助けにもなりたかった。

中途半端な助けは
必要ないということです。

余計なことです!!

申し訳ないことをして
身に沁みました。

その時のその方の態度は、
最初は驚いていたものの
私が気にしてるのをみて
もう忘れて~と言ってくれました。

すぐに切り替えられていました。

すぐにきり変えられず、申し訳ながっていた私です。

私が気づくために、ご迷惑をかけてしまいました。


最近ある病気のワードと余命〇〇と
続けて現れました。

そこから、何かを受け取る必要があるのだと
思います。


今を生きるということなのかもしれません。

それができていないから
続けて現れてくれているのでしょう。



[PR]
トラックバックURL : http://mayanut.exblog.jp/tb/26213676
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by mamagrande | 2016-09-21 23:33 | 日記 | Trackback | Comments(0)

日々の気づきを綴っています。みなさまと一緒に魂の成長、意識の拡大をしていけたらと思います。


by mayalovejoy