里子と会う

不思議なことがおきました。
先日白人の方に対する反応を
書いた後、その日は朝から、道ゆく
白人の方から(知らない方です)
挨拶をされたり、にっこり会釈をされたり
しました。
カフェに行ったら、
でてゆく白人の方が
さも私を知ってるかのように
声をかけて挨拶していかれました。

どこかで会ったのかな?と首を
傾げてしまいました。
私の中の魂に刻まれたものが
書き換えられたのでしょうか?



グアテマラのマヤ先住民の子供の里子ちゃんを
訪ねました。
親はいても
経済的に学校にいくのが
難しい子供達の里親になって
学費の支援をすることを
やっている「青い空の会」の方と知り合って
私も3年前から里親をさせて頂いています。

その子を今回初めて訪ねてきました。
まずは、その子が通う学校に
行き、子供達がたくさんいる
教室で対面しました。
10歳の女の子です。
恥ずかしそうに、でも嬉しそうに
していました。
彼女の嬉しそうな顔をみて
私も何だかとても嬉しくて
泣きそうになりました。

学費を支援しているといっても
1年に5千円でその金額で
彼女が1年間学べるのです。

私にとっては大した金額ではないけど
彼女や親にとっては、大変なお金なので
本当にあがたいわけです。

その子は一生懸命勉強して
学べることがあたり前では
ないので、学年一番だったそうです。
今は学級委員長をやっているそうで
校長先生、担任の先生も喜んでいました。

ご両親にも会いに行くことになり
おうちには、たくさんの家族が
私達を待っていました。
おとうさん、おかあさん、6人兄妹、いとこ、おばあちゃんと
大家族。おとうさん、おかあさん、も
自慢の娘のようで
会いにいったことをとても喜んで
くださいました。


お金の価値というものが
こんなにも違うこと、
どんな風に
お金を使うかで
与えられるものが
違うこと。

彼女の喜びが
私の喜びでした。

こんな形で
喜びを
受け取れたことが
予期せぬことでした。

「青い空の会」のブログ
http://aoisora-nokai.cocolog-nifty.com
この活動は初めて10年めだそうです。
今年里子の数が100人に
なったそうです。里子はもちろんですが
活動は白石さんと妹さんとのボランティアで
されているので、寄付もよかったら
お願いします。

akemiさんが書いて下さっている
愛の大きさ、範囲が自分の周りに
留まっていないか?
私は、まだまだ、範囲が狭いです。
地球規模までもみれていない私です。
視野を愛を拡げていきます。

akemiさん、大切なことをいつも伝えて
頂きありがとうございます。
b0117548_11484711.jpg

[PR]
トラックバックURL : http://mayanut.exblog.jp/tb/24198736
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by mamagrande | 2015-03-03 13:33 | 日記 | Trackback | Comments(0)

日々の気づきを綴っています。みなさまと一緒に魂の成長、意識の拡大をしていけたらと思います。


by mayalovejoy