「ほっ」と。キャンペーン

ティクナット・ハンより

 震災から1週間過ぎ日本の中ではいろんな活動が始まってきました。
そして、海外からも日本を想う気持ちがよせられています。
グアテマラのマヤナッツグループから、友人や旅先であった友人。
メキシコやロスで震災を知り、日本人だと知ると
心から心配してくれ、日本の人達にはげましの
言葉をかけてくれ、今から帰国する私はとても
胸にぐっときました。

被災された方達、原発の放射能でおびえる方達、
そして、
これからどうなっていくのかわからない、みえない恐怖に
心が擦り減っていくようなそんな日々に
どうか、世界中の人達が私達のことを
見守って祈ってくれていることを忘れないで。



これは、私の尊敬するティク・ナット・ハン氏(ベトナム人僧侶)から寄せられた文
私の参加しているMLに送られてきたもの。
訳:辻信一さん

 親愛なる日本の友へ
今回の悲劇で亡くなった多数の方々のことを想う時、ある意味で自分自身もまた、部分的にではあれ、死んだのだと強く感じられます。人類の一部の苦しみは、全人類の苦しみです。また、人類と地球はひとつの身体ですから、その身体の一部に起きていることは、全身にも起きているのです。

今回のような出来事は、私たちの生命に限りがあることを思い出させてくれます。また、いちばん大切なことが何かを思い出させてくれます。それは、互いを愛し合い、助け合うことであり、こうして生きている一瞬一瞬をありがたく生きること。それが亡くなった人々へのために私たちができる最良のことです。私たちは、自分の内でその人々が美しく生き続けられるように、生きるのです。

フランス、そして世界各国のプラムヴィレッジ瞑想センターの兄弟姉妹たちは、日本の皆さんのためにお経をあげ、平和と癒しと保護のエネルギーを送り続けています。

私たちの思いは皆さんとともにあります。

ティク・ナット・ハン
[PR]
トラックバックURL : http://mayanut.exblog.jp/tb/15076917
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by mamagrande | 2011-03-20 17:27 | 日記 | Trackback | Comments(0)

日々の気づきを綴っています。みなさまと一緒に魂の成長、意識の拡大をしていけたらと思います。


by mayalovejoy